ビザの申請代行

2011年5月からはアフガニスタン、イラク等の外国籍の申請者のビジネスビザの取得にはインド内務省からの承認が必要となり、申請から取得までの日数は未定になるので注意が必要です。
それ以外の一般の日本人の方の観光ビザの取得はまず大阪、東京にあるインド大使館のインドビザ申請センターに行きます。
有効期限6ヶ月残日数のあるパスポートと5cm×5cmの証明写真、上記のHP上のオンラインビザ申請書を記入し印刷したものを提出する必要があります。
しかし、申請書の記入間違いがあると手数料が発生する、ビザの取得が遅れるなど不安がある方は申請の代行を行ってもらうことが可能です。
代行サービスも自分で書類は用意するが上記のセンターへの提出を代行してもらうものから、自分で個人データだけを代行サービス事業者に提出するだけでインドビザが自宅に送られてくるものまであります。
費用は手間がかかるほどかさみますが、最短9日間で代行してもらえる緊急代行サービスを行っている業者もあり、自分になったサービス事業者を選ぶことができます。

代行で申請するメリット

インドビザが必要になることがあります。
このときにはその申請を行う必要がありますが、代行申請を行ってくれる業者に依頼をすることもできます。
ここでは日本全国に住んでいる人のインド観光ビザの申請代行を早く確実に、そして安く行ってくれるようになっています。
ここではいくつかの特徴があるので、それをしっかりと頭に入れておくことが大切です。
まずはその価格が安いと言うことです。
表示されている料金に関しては、申請代金や代行手数料やほかの手数料がすべて含まれています。
またオンライン申請の記入も無料で行ってくれるようになっていて、そして早いという特徴があります。

インドビザを早く取得したいという人のために、都内に住んでいる人にはバイク便で一日で配送してくれるようになっています。
都内以外の人に関しては、新幹線便代が加算されるようになっていて、また安心というのも特徴です。
ビザを申請するときにはパスポートなどの申請必要書類を郵送しなければいけなくなっています。
実際に利用者がビザ発行墨のパスポートを受領されるまでの間は、業者では安心して経過を確認できるように、進捗状況をしっかりとメールで連絡してくれるようになっています。

またわからない点に関してはしっかりと問い合わせを行うと言うことが大切です。
東日本に住んでおり人と西日本に住んでいる人でインドビザ代行料金が異なっているところもあるので、事前にしっかりと確認をしておきます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31